• TOP
  • ご利用ガイド
  • キャリーオンのここがすごい!
  • スタッフがひとつひとつ手作業で検品

01スタッフがひとつひとつ
手作業で検品

大切な子ども服を次の方へ託す
愛情リレーのお手伝い

全ての作業を、キャリーオンスタッフの手で丁寧に。

キャリーオンには、毎日平均で50件のお洋服が届き、そのひとつひとつの荷物には、少なくとも20枚以上のアイテムが入っています。多い時は1日に140件近く到着したこともあり、管理しているお洋服は膨大な量。それらを、出品者ごとに専用のスペースを作って保管し、1着ずつ状態確認してお手入れをし、4回の「検品」を行い、きれいにラッピングするのには大変な手間と時間がかかりますが、そのこだわりがキャリーオンの特長でもあります。

届いたお客様に
喜んでいただくことが、
何よりも大切!

私たちの共通点は、「子ども服が大好き!」という人ばかりだということ。子育て中のママが多いこともあり、みんなで意見を出し合い “ママ目線”を大切にしながら、お洋服の状態チェックやお手入れを行っています。

「目立つ部分がきれいでも、袖口・膝・おしりの部分は汚れていることが多いので、入念に確認した方が良い」などママならではのチェックポイントや、「ウエストがゴムかどうかって知りたいよね」「保育園はフードが禁止だから、取り外しができるかは重要」など、実体験に基づいたスタッフの声は、商品の検品や管理の方法にも大きく活かされているそう。

1枚1枚にアイロンをかけ、素材によっては毛玉とりやスチームアイロンなども使い、よりきれいな状態にしてからオンラインショップに掲載すること。 出品者の方ごとにお洋服を分けて保管し、箱などにぎゅうぎゅう詰めにするのではなく、それぞれの専用スペースを作ることで、なるべくシワなどができないようにすること。 手間がかかっても、膨大な量をそうやって大切に管理する理由は全て、「次のママに喜んでほしい」という想いがあるからこそ。

大切に着てきた服なので、
次の方にも
可愛がってほしい。

当社には、出品の際に書いていただくメッセージカードがありますが、そこには「大切に着てきた服なので、次の方にも可愛がってほしい」という想いがたくさん詰まっています。だからこそ、託していただいた服は、より良い状態にして送り出したい。それが、次のママはもちろん、出品してくださった方の想いに応えることでもあると思っています。

「この部分の毛玉をもうちょっと取ったら、もっと喜んでもらえるんじゃないか」「こういう情報まで書かれていたら、よりお買い物しやすくなるんじゃないか」…ひとつひとつは小さなことでも、そうやってスタッフ全員が1着1着と真摯に向き合う積み重ねは、お洋服の状態の良さに確実に反映されます。中には、「入社当時はプライベートでも毎晩深夜までサイトをチェックし、自分が関わったお洋服のページを確認しては、売れると毎回大喜びしていました」というスタッフも!

託していただいた服と
丁寧に向き合うこと。

託していただいた服と丁寧に向き合うこと、そして次に着る方により喜んでもらえる状態にして送り出すこと。私たちの仕事は「前のママさんから次のママさんへの“愛情リレー”のお手伝い」だと思っています!

キャリーオンは、皆さんが大切にしてきた子ども服を託していただいています。
“次の方にも同じように大切に着てほしい”と思うママたちが送ってくださったお洋服たちだからこそ、
これからも1枚1枚と丁寧に向き合うスタイルを大切にしていきたいと考えています。

買取申込みはこちらから

買取申込み